Instagram運用のテクニックとマーケティング活用事例の紹介

DeathtoStock_Wired10
Pocket

Instagram(インスタグラム)が年内に広告枠の販売やBUYボタンの導入など本格的なマネタイズに動き出しますね。ますます企業や小売店のInstagramの活用や運用が加熱していきますね。その一方、Instagramは独特のコミュニティや若者たちの熱量があり運用に難しさを感じる担当者さまも少なくないと思われます。一方で成功を収めるインスタグラムを活用したマーケティング事例も数多くあるのが事実です。もうInstagram運用から逃げられなくなった人たちに向けInstagram運用のテクニックや事例の紹介をしていこうと思います。それでもなお運用に不安がある方は弊社の運用ツールInstaProをどうぞ!Instagram運用ツールInstaPro

InstaGridを使ってホームページまでコンバージョンさせる


出典:GooglePlay Insta Grid

インスタグラムでは投稿でのハイパーリンクのクリックができなくなっている。そのためユーザーの投稿経由でWebサイトへの誘導ができなくなっている。しかし、アカウントのプロフィールのURL欄であればWebサイトへ誘導することができる。またそうすることでフォロワーになってくれる可能性もあがるため二重で効果がある。そこで使われるのがInstaGridである。一枚の写真を分割してInstagramに投稿する。アカウントのページにくるとバラバラだった画像が一つになってみえるという仕掛けである。タイムラインやハッシュタグ検索だとばらばらに見えてしまうのでアカウントページにくるインセンティブとなりやすい。Instagridのアプリを落とせば簡単に作ることができるのでオススメである。

HPとの連動キャンペーン行う

スクリーンショット 2015-08-26 15.56.03

GUが新たに仕掛けるInstagramとの連動キャンペーンである”GU Timeline”はGU商品を着て画像をアップロードしたモデルやミュージシャンの投稿が専用HP上でカタログとしてみることができるということだ。これは、普通にカタログをWeb上にのせるよりもモデルが直接投稿したという意味合いがあるため、より身近な感覚で写真をみれ、さらにInstagram上のLIKE数によって服を決めるきっかけも与えている。

このようにInstagramはキャンペーンとの相性がかなりいいため特にファッション関連ではよく利用されている。活用事例もたくさんあるため気軽にはいじめることができる。

タグ付けやRepostでアカウントを広める


インスタグラム自体のアプリにはTwitterのようなリツイートのような機能はついていない。そのかわり、”Repost”という専用アプリを使うことで拡散することができる。さらに、写真内に他のアカウントをタグ付けることもできる。それをみた他のユーザーはそのタグをタップするとタグ付けされたユーザーのアカウントページに飛ぶことができる。


例えば、実店舗と連動して試着していただいたお客様にインスタグラムに投稿して店舗のアカウントをタグ付けてもらえばブランドだけではなくインスタグラムアカウントの認知にもつながる。

有名人を使ったタグ付けによるマーケティングはかなり行われていて、大手ブランドが利用している。

運用代行サービス

フォロワー獲得や投稿内容はそれでも迷ってしまうもの…。そんな方にInstaProの運用代行サービスをどうぞ!
InstaPro | 月3.98万円からの本格運用システム

よければ新しいゲームアプリをリリースしましたのでこちらも御覧ください!

楽しく宇宙が学べる!お絵描きパズルゲーム「SpaceWalker」をAppStoreにてリリースしました | Chotchy.Inc

Pocket